地道ながら効果のある エコリサイクルについて

いらないものを捨ててしまうとその時点でゴミになってしまいます。なのでリサイクルをする、エコをしましょう。

地道ながら効果のある エコリサイクルについて

いらないものはリサイクルするというエコ活動をする

学校でもバザーなどの大きなリサイクルをすることがあります。町内会や地方自治体でも開くこともあります。一度人が使ったものを格安で売るのがフリーマーケット、バザーです。私も小学校のときに自分のいらないものを学校に持っていき、それを他の人に売るというバザーを開いていました。こうすることでいらないものはちがう人の手に渡ることができますし、ものを大切にすることができます。エコにもなります。資源ごみのように直接何か新しいものに生まれ変わるというわけではありませんが、これも立派なリサイクルになると思います。バザーは何があるか分からないのでわくわくしますし、格安で欲しいものをゲットすることができるかもしれないのでわくわくします。

リサイクルをしよう、エコ活動をしようと言っても何をしたらいいのか分からない人は、まずは自分のいらないものを出店してみはどうでしょうか。ものを捨てないで、その前にオークションに出したり、欲しい人がいないか探してみるといいと思います。ものを捨ててしまうとその時点でそれはゴミになってしまいますから、それなら誰か必要としている人の手に渡ったほうが有意義だと思います。これはゴミを処分する費用も浮かすことができるのでエコになると思います。一度いらないものがあっても、誰か必要している人はいるかもしれないという思考を付けることで、もっと地球に優しくなることができますし、ゴミも少なくなると思います。

Copyright (C)2017地道ながら効果のある エコリサイクルについて.All rights reserved.